製品紹介

システムの特徴

直感的に使いやすいインターフェイス

直感的に使いやすいインターフェイス

システム画面はアイコンを機能別に分けており、直観的に使いやすいデザインとなっています。

キーワードなどの検索機能

キーワードなどの検索機能

登録している過去の相談を「キーワード」や「相談日」「相談者」「相談の対象者」などですぐに検索することが可能です。

相談・対応ごとの相談内容の登録

相談・対応ごとの相談内容の登録

1つの相談・対応に複数の相談区分を登録出来ます。この登録を行なうことで、後々に「初回で受けた相談のうち金銭管理に関する相談が○○件」「継続対応での成年後見の相談が△△件」などの事業実績に必要な集計カウントが可能となります。

ステータス管理

ステータス管理

相談は今後も継続対応が必要な「継続」もしくは相談対応が完了した「終結」の2つのステータスで管理が出来ます。

ブックマーク機能

ブックマーク機能

システム内では担当者様ごとに気になる相談などをブックマーク(お気に入り登録)することが可能ですので、何度も検索を行う手間が省けます。

相談受付票・記録表の印刷

相談受付票・記録表の印刷

システムに登録した相談・対応は相談受付票や記録表として登録後ワンクリックで出力・印刷することが可能です。

事業実績の出力

事業実績の出力

日々登録を行なった相談のデータをもとに「月次」や「年度」で相談事業の事業実績が出力できます。

利用時のフロー

STEP1初回相談・対応業務

  • 相談者情報や相談内容、対応内容の登録
    ※登録後は相談受付票の印刷

初回相談では、相談者情報や対象者情報、受け付けた相談区分(事業集計用)の選択、相談内容や太陽内容の記録を登録し、相談受付票の印刷が可能です。

STEP2継続対応の相談業務

継続対応の相談業務
  • 過去の相談の検索、閲覧
  • 継続対応の相談に対して対応内容の追加登録
    ※登録後は記録表の印刷

過去に受けた相談に関しては担当者ごとに自由に閲覧が可能です。また、継続対応時には初回相談を選択した後に再度追加での相談内容・対応内容を記録することが可能です。

システム内に一元管理

継続対応の相談業務
受付職員情報
事業集計用の相談区分
相談内容・対応内容
相談に関わる添付ファイル

STEP3事業実績の出力

  • 「月次」「年度」などの区切りで事業実績の集計を出力!

登録したデータより事業実績がワンクリックで出力できるので、忙しい年度末でも確認作業で実績作成が完了。

機能一覧

1. 相談内容の登録

「相談者」「対象者」「事業集計用の相談区分」「相談内容」「対応内容」「関連ファイル」などの登録が行えます。

2. ステータス管理

登録した相談内容は「継続」「終結」のステータスで管理が可能。継続対応の相談を検索する際に、素早く該当の相談を探すことが出来ます。

3. キーワードなどの相談検索

「相談内容や対応内容に記録したキーワード」「相談者名」「対象者名」「相談日」などの条件で過去の相談検索が行えます。

4. 継続対応時の記録登録

既に登録されている相談案件に対して継続時の追加対応記録を登録できます。1つの相談に対してどのような経緯で対応してきたかを管理することが可能です。

5. ブックマーク機能

担当者ごとに気になる相談をブックマーク(お気に入り登録)できるため、毎回検索することなく相談閲覧が可能です。

6. 入力補助

頻繁に使用する文言などは、入力補助の機能で選択式の入力方法にすることも可能です。

7. 担当管理者

システムは担当者様ごとにIDを発行します。ID発行には制限がありませんので導入後の増員時にも追加対応出来ます。

8. 帳票出力

「相談受付票」や「継続時の記録表」、「事業実績」はワンクリックでエクセル形式で出力することが可能です。

対応業務範囲と他製品との連携

相談管理システム「ゆめと」
日常生活自立支援事業 業務システム「らいと」
成年後見業務支援システム「みると」

社会福祉協議会様の中の権利擁護センター様では、「相談事業」のみならず日常生活自立支援事業 業務システム「らいと」、法人後見・市民後見業務支援システム「みると」を併用することでセンター内の事業を一元管理することが可能です。

福祉関連システム

弊社の他の福祉関連システムのご紹介。「みると」「らいと」と併用することで相談対象者・地権利用者から被後見人へデータ移行が可能となります。

各種お問い合わせ

製品に関するお問合せ・デモ依頼などはお気軽に以下お問い合わせフォームよりご依頼下さい。